テレビCMの中で名前が挙がるなどして一般社会の認知も広がり、電子マネーの1種として市民権を獲得しつつある仮想通貨ビットコイン。ここでは、まだよく分かっていないけど今さら人に聞けないという方のためにビットコインの基礎知識をお教えします。

ビットコインの入手方法

仮想通貨のビットコインは、まだコンビニで買えるほど社会に普及してはいませんが、一般の人でも比較的簡単に入手できるようになっています。ここでは、一番ポピュラーなものから少々マニア向けなものまで代表的な入手方法をいくつかご紹介します。

仮想通貨のお店!?取引業者からビットコインを購入するには

仮想通貨は、仮想の通貨で現物がありませんので、一般的な実店舗で販売されてはいません。仮想通貨を手に入れたい方は、購入するときに仮想通貨の取引所で購入する必要があります。仮想通貨の取引所はインターネ…

詳しくはこちら »

仮想通貨のビットコインを取引所で購入する方法

日本の仮想通貨取引所の場合、販売所と取引所の2種類があります。ビットコインを購入する前に自分が利用している取引所がどちらのタイプなのかを確認しておきましょう。販売所ではトレード手数料がかからなかっ…

詳しくはこちら »

採掘ってなに?マイニングでビットコインを手に入れるには

実は取引所以外でも手に入れられるビットコイン

ビットコインは取引所で盛んに売買されており、一般の方がビットコインを手に入れる方法としてよく使われています。ただ、ビットコインは、それ以外にもマイニング(採掘)と呼ばれる方法で手に入れることも可能です。 マイニングとは具体的にどういうものかというと「ビットコインの取引に関わる処理を自身のコンピューターが肩代わりすることで得られる見返り」と言うと分かりやすいでしょう。 ビットコインは銀行などが処理を行っている訳ではなく、その取引記録を行うのは、ネットワーク上の有志のコンピューターです。多くの方がマイニングを行うことで、ビットコインの処理が円滑に進んでいます。 ビットコインを取引所で購入せずに、マイニングをして手に入れて稼いでいる方も海外では多いです。特に電気代の安い中国ではマイニングが盛んに行われていました。

手に入れたビットコインは購入したものと同様に使える

また、マイニングによって手に入れたビットコインは通常購入したビットコインと取扱は変わりません。ですから、ビットコインをどのように入手するかは個人の自由です。 ただ、ビットコインのマイニングは、処理を行うためにそれなりにパソコンのスペックが求められる部分もありますし、パソコンに大きな負荷がかかれば、それだけ電気代もかかります。そのため、マイニングをすれば、誰でも大量にビットコインを手に入れられるとは限りません。マイニングに必要なコストと得られるビットコインを計算する必要があります。 マイニングでもビットコインは得られるものの、素人が付け焼き刃で簡単にできるものではありませんので、一般の方はマイニングではなく、ビットコインを通常購入しています。

ビットコインの使い方

仮想通貨と呼ばれるものの1つであるビットコインは、法定通貨と同じように複数の目的に利用することができます。ここでは、最もメジャーで理解しやすいと思われる利用方法をいくつか具体的な手順とともに紹介します。

ビットコインを金融商品として投資目的で運用する方法

ビットコインを「金融商品」として運用する場合、大きく分けて、2つの運用方法があります。1つ目が「現物取引」です。株の銘柄取引と同じように、安い時に買って、…

詳しくはこちら »

新しい決済の形!ビットコインを買い物で使うには

仮想通貨の中でも一躍有名になったものがビットコインです。現在でもビットコインの人気は健在で、それで決済ができるオンラインショップも沢山登場しています。…

詳しくはこちら »

バーチャルな善意でも役に立つ!?ビットコインで寄付をする方法

ビットコインが使えるサービスとドンドン増えている状況ですが、最近は寄付にもビットコインが使えるようになりました。ビットコインによる寄付でも、…

詳しくはこちら »